新着情報

【Simpleファン通信 #31】クリスマスにちなんで?隠れた人気色だったFORESTが再販か?!

simpleshoes.jpでは現在の在庫完売をもって販売終了となります。短い期間でしたがSimpleブランドに再度携わり、また多くのSimpleファンと再会できたことに感謝いたします。

ありがとうございました。

大変ありがたいことに、こちら simpleshoes.stores.jp 内 [新着情報]を引き続きお読み頂けるSimpleファンがいらっしゃることから、simpleshoes.jp 溝口(みぞぐち)のブログとしてSimpleよもやま話しを不定期に継続しています。

Simpleシューズファンのひとりである溝口個人の発信になります。ご紹介するアイテムが今後日本での販売代理店が取り扱いするかなど解りません。ご理解のうえお読みください。

溝口はひとりのSimpleファンであるため、米国 simpleshoes.com のメーリングリストに登録しています。12月に入りクリスマス気分を高めてくれる雰囲気が色濃くなってくる中で、先日こんな写真が添付されてました。

グリーンカラーのO.S.Sneaker(OSスニーカー・オーエススニーカー)です。
まだ販売はされてない様ですが、これは(も)欲しくなってしまうカラーです。

また、よく見るとアウトソール(靴底)がベージュ色で、さらに何かが混ざっている様に見受けられてます。

このアウトソールは…

Simpleブランド史上最初に発売されたスニーカーには、BARNEYS、ROVER、そして現在販売しているRetro91[レトロ91 当時の商品名はSNEAKERS(スニーカーズ)]がありました。

当時のアウトソールは全てこのこのベージュカラーだったのです。(写真は溝口が90年代から個人愛用しているBARNEYS)

さらに1997年に発売されたPURIST SNEAKER(ピュリスト・スニーカー)という商品があります。この靴にはリサイクルゴムを配合されたアウトソールが装着されていました。

それがこちら。

当時は「サスティナブル」というより「エコ」という言葉すらまだ一般的になっていない頃。Simpleでは先駆けてこの様な取り組みを始めていました。

そしてグリーンのスェードカラー。

これは1997年のカタログになります。

FOREST(森)という名前でグリーンがありました。

BLACKやSANDSTONE(サンドストーン 現TAUPE色)など一番人気のカラーと比べると少ない数でしたが、あっという間に完売になってしまう隠れた人気カラーでした。

「スエードのグリーン色」、「往年のベージュ色のアウトソール」、「リサイクル・ゴムを配合したアウトソール」

O.S.Sneaker のオール・ブラックと合わせて、今年2021年秋の販売に向け溝口が米国 simpleshoes に提案していた内容そのものでした。

simpleshoes.jp では取り扱いできなかったことは残念ですが、往年のカラーが復活することは嬉しい限りです。

【Simpleファン通信 #29】では個人輸入して購入してしまったO.S.Sneaker [BLACK BLACK] をご紹介しましたが、こちらの1足もまた米国から購入してしまいそうです。

ただ、送料込みで約17,000円になってしまうのがちょっと悩ましいです。