新着情報

【Simpleファン通信#30】2020年復刻した隠れた名品 [BLACK BLACK]では足りない[トリプル・ブラック]とは..

simpleshoes.jpは米国Simpleシューズブランドを保有するKandui社の意向のもと、日本に於けるSimpleシューズの販売を終了することになりました。現在の在庫完売をもって終了とします。

2020年3月から一般販売を開始し約1年強と大変短い期間でこの様なことになりましたこと、非常に残念ではありますが、Simpleシューズの再販に関ることができましたこと感謝いたします。

また多くのSimpleファンにお会いできたことにお礼申し上げます。ありがとうございました。

Simpleファンの思い出やエピソードを紹介してきましたこちらの【Simpleファン通信】、ご要望もありsimpleshoes.jp 溝口(みぞぐち)のブログとしてSimpleのよもやま話しを不定期に継続しています。
ご紹介するアイテムはすでに完売になっているかもしれませんので、ご理解のうえお読み頂ければ嬉しいです。

前回【Simpleファン通信#29】ではsimpleshoes.jp溝口が個人的にも履きたいSimpleということで、個人輸入してまで入手したO.S.Sneaker (OSスニーカー・オーエススニーカー)の新色[BLACK BLACK] をご紹介しました。

こちらのアイテム、本文でご紹介しました通り「真っ黒」の一足です。

「真っ黒」の色つながりということで、今回ご紹介するのは、Retro91(レトロ 91)の[TRIPLE BLACK]です。

こちらのアイテム「Retro91」。実はSimpleを代表するO.S.Sneakerよりも先輩です。

O.S.Sneakerは1993年にデビューの一方、Retro91は名前にもついている通り1991年にデビューしました。1991年とはSimpleが創業した年で、ブランド開始と同時にリリースされたアイテムなのです。当時の商品名はその名もズバリSneakers(スニーカーズ)。復刻を機会に敬意を含めてRetro91と命名されました。

RETRO(レトロ)とは日本では「古臭い」「時代遅れ」という意味にとらわれがちですが、本来は「古き良きものを懐かしみながら愛する」という好意的な意味があります。

本当に古いモノは「アンティーク」や「ヴィンテージ」。外見だけは古風にデザインされ先端技術で作られているモノを「レトロ」と区別されています。まさにこのアイテムにぴったりの名前です。

そして復刻のタイミングで追加されたのがこのTRIPLE BLACKカラー。ご覧の通りO.S.Sneaker BLACK BLACK と同じく、全て「黒」です。

日本では昨年秋(2020年8月)シーズンから販売開始しました。ですが、simpleshoes.jpでは販売も掲載しておりません。実はこちらのアイテム、バイヤーから是非とのご依頼を頂きジャーナルスタンダード relume限定での販売としておりました。

こちらは約1年 simpleshoes.jp溝口が愛用している Retro91 TRIPLE BLACKです。

O.S.Sneaker BLACK BLACK同様、全面スウェード革ですが、トゥ(つま先)の部分だけが表革になっおり、アクセントになっています。

そして溝口は靴ひもを本来付いているヒラひも(平らなひも)をマルひも(断面が丸いひも)に替えて、少しだけ個性を出しています。

すでにこちらは完売になっているようです。

またアメリカのsimpleシューズのwebサイトを確認したところ、掲載されておらず商品展開終了のようです。

Simpleブランド創業アイテムであり影のヒットアイテムだっただけにちょっと残念ですが、大切に履き続けていきます。

simpleshoes.jp ではサイズによっては既に完売となっておりますが、TRIPLE BLACK(真っ黒)以外のカラーはまだ在庫がございます。
レアアイテムになりそうな1足。クリスマスプレゼントに、年末自分へのご褒美にいかがでしょうか。