新着情報

O.S.Sneakerを末永く愛用してもらうために。商品が届いたら先ずはやってもらいたいこと。

新しい靴というのは誰もが嬉しいと思います。箱を開けたとき。初めて玄関におろしたとき。そして足を入れて出かけるとき。多くの人はその日に何度か足元を見るのではないでしょうか。

折角の新しい靴。長く愛用してもらうために商品が届いた時にちょっとだけ手間を掛けるだけでそんなワクワクも持続します。今回は新しいO.S.Sneaker(OSスニーカー・オーエススニーカー)が届いたらやってもらいたいことをお伝えします。

最初に当然ですが箱から靴を出します。Simple O.S.Sneakerはさらに汚れ防止のため片足ごとビニール袋に入っていますので出します。そしてきれいに靴ひもが上まで通してあるので直ぐにでも履ける状態ですが、ここであえて靴ひもを外してください。

[靴ひもを全部外した状態。ひもを外すことはそれほど難しくありません]

せっかくきれいに靴ひもが通っているのになぜ外さなければならないのか。それはブラッシングと防水スプレーをかけるためです。まずはブラッシング。名前の通りブラシをかけます。

ここでまたなぜ新品の靴にブラシをかけなければいけないのか。疑問がわいてくるかと思います。これはO.S.Sneakerの素材となっているスウェード革の毛を立たせるためです。この後に防水スプレーをかけるためにまんべんなく短いスウェードの毛の根元に行き渡らせるために軽くブラッシンをおこないます。

[靴ブラシと防水スプレーを準備。ブラシは100円ショップ、防水スプレーはスポーツ量販店で購入。(100円ショップでも防水スプレーは販売していました]

靴ひもが通っていた下の部分。足の甲に被さるところを通称「タン」と言います。日本語では「べろ(舌)」です。まさにべろのようなのでそのように呼ばれています。この部分にも防水スプレーを掛けたいために一旦靴ひもを外しました。どうしても靴ひもを外すのが面倒だ。という場合は靴ひもをゆるめるだけでも大丈夫です。

全体に軽くブラッシングをしてください。このブラッシングする「ブラシ」自体は靴屋でも販売されていますがSimple Shoes Japan 溝口(みぞぐち)は100円ショップで購入しています。中型店以上の100円ショップでは扱っているお店が多いので手軽に購入できます。

2番目にすることは先の通り防水スプレーを全体にかけていきます。

しかしここで注意点があります。販売されている防水スプレーは様々です。多くの商品には注意書きとして「あらかじめ目立たない部分に軽く吹き付け、色落ちがないか確かめてください」という内容が書かれています。その通りにまずはO.S.スニーカーで目立たない靴内側でかかとに近い部分に少しだけ散布してください。

しばらく時間を置いて色落ちや変色がないことが確認できたら、防水スプレーの使用方法や注意書きに書かれている通り全体にスプレーを掛けていきます。

この時に外しておいた靴ひもも合わせてスプレーしましょう。靴ひもを裏返してまんべんなく。溝口の場合は古新聞をひいた上に乗せまわりにスプレーが飛ばない用に少しづつかけていきます。

防水スプレーの使用方法や注意書きに書かれている乾燥時間がたったら靴ひもを通して行きます。面倒臭いと思われる人もいるかもしれませんがあと少しで愛情を注いだO.S.Sneakerが完成します。ちなみに溝口は新しい靴にひもを通すことが大好きです。いわば新し靴をおろす「儀式」だと思っています。

靴ひもの通し方は『Simpleシューズ「OSスニーカー」の靴ひもの通し方』https://ux.nu/QXbiO を参考にしてください。こちらで記載した通り溝口のおすすめはアンダーラップです。もともと発送の際にはオーバーラップという方法で靴ひもは通してありますがちょっと雰囲気が変わり仮に同じO.S.Sneakerを履いている人と会ってもひと手間かけた愛情がわかります。
その他にも動画投稿サイトなどには靴ひもの通し方がたくさん投稿されていますので、お好きな靴ひもの通し方を楽しんでは如何でしょうか。

[アンダーラップという靴ひもの通し方で完成]

防水スプレーの効果は雨など水を弾くことですが、これだけでなく汚れも防いでくれます。汚れたな、と感じた時にはブラッシングすることで簡単な汚れは落とすことができます。靴が長持ちするだけでなくきれいな状態だと気分も晴れやかになると思いますので、ぜひ届いた時に「ひと手間」かけてみてください。