新着情報

Simple®︎というブランド名

Simple®︎というブランド名に行き着くまで、相当悩んだと創業者 Eric Meyer から実際に聞いたことがあります。
1995年くらいだったか。

飾らず、気取らない名前で誰もが知っている言葉。
アルファベットで6〜8。親しみやすい言葉。
夜中のカフェでひとり、ナプキンにいろいろ思い付く言葉を書き記していたそう。
だけれども、ピンとくる言葉がなかなか出てこない。
「う〜ん(いや、このシーンでは “Umm”。全然、しっくりこない.. もっとシンプルな言葉.. もっとシンプルな.. シンプルな、シンプルな… あれ?!Simple !!」

まだ、インタネットも普及していない頃。
Ericは翌朝、朝一番に商標登録事務所に向かい Simpleの出願が出てないことを確認し、「よし!」(と言ったかどうかは聞いてませんが..)『Simple』を出願したそうです。

日本での商標登録には非常に骨を折りましたが、それはまたのお話し。

写真は1999年日本版のカタログからの1枚。
バグのエンジンと格闘中なのがEric。