Simpleについて

Simple(シンプル)公式通販|スニーカーとシューズのブランド
Simple(シンプル)公式通販|スニーカーとシューズのブランド
Simple Japan

Simple Shoes Japan(シンプルシューズジャパン)公式通販です。 Simple(シンプル)は、1991年にアメリカ カリフォルニア州で誕生。定番OSスニーカーを中心としたシンプルなシューズを提案するカジュアルシューズブランドです。 日本では2011年のブランド休止を経て2020年に復活しました。 Simpleシューズ創業者のエリック・メイヤーは、「今までに見たことの無いような斬新なデザインで、最新の素材を活用した」という考えとは真逆の発想を持ち、「そんなに勿体ぶらないで」「気取らず」「自然な」というSimpleの語源通りのライフスタイルをシューズにしました。 Simpleとは「単純な」「簡素な」という以外にも「気取らない」「勿体ぶらない」「自然な」といった意味もあるのです。 エリックの考えを凝縮したデザインのシューズは、瞬く間に全米、世界へと広まったものの、2000年前後、Simpleは創業者エリックの手から離れ、エリックの考えやコンセプトも薄れていきました。 そして残念なことに2011年、Simpleはそのブランドの歴史に幕を下ろしました。 4年後の2015年、アメリカでSimpleブランドは買収されて新オーナーのもとに。 新オーナーはSimpleの原点であるエリックの考えを元にクラウドファンディングで復活させ、日本でも2019年にクラウドファンディング Makuakeを通して、当時のコンセプト、そして当時の仕様を忠実に再現して復活しました。 不思議なご縁もあり、1990年代初頭 Simpleを初めて日本へ導入した私、溝口が、この復活に再び携わることになりました。 ご覧の通り、当ウェブサイトは全く凝っていません。 いいんです。 勿体ぶらず、気取らずに、身の丈に合わせてやっているので。 販売スタイルもSimpleにいきます。「飾り気がない」は「無駄なコストをかけない」ことで、はいてもらえるSimpleファンへの価格に反映させていきます。 また、最近は「衣料廃棄ロス」が問題になっています。売り逃がしや、陳列を埋めるため、不必要に多くの在庫を抱えるビジネスが従来のファッション業界の姿でした。 しかしSimpleは、廃棄や特価・処分販売により通常価格で購入していただいた大切なファンを傷つけないためにも、余分な在庫を持たないビジネススタイルを貫いています。「もったいぶらずに」。 そのため、欠品の場合は、生産・入荷までお待ちいただくことでSimpleファンの方へはご協力をお願いしております。 SimpleⓇは創業当時、スローガンとして「a nice little shoe company」と謳っています。 そう。 「小さいけれど素敵な靴会社」  2020年のSimpleは規模よりも niceを目指していきます。